シンガポール発の紅茶会社、TWGとは?トワイニング(TWININGS)との違いは?

シンガポール発の紅茶会社、TWGとは?トワイニング(TWININGS)との違いは?

シンガポール完全個人手配一人旅記録でも書いたシンガポール旅行。
その先でシンガポール発のラグジュアリーティーブランド、
つまり高級茶葉を扱うTWG – The Wellbeing Group(ザ・ウェルビーイング・グループ) – という良い店に出会った。
TWGとは何か、名前の似ているTWININGS(トワイニング)とは何が違うのか、
そしてどんなお茶を提供しているのかまとめてみた。

TWGとは


TWGとは、The Wellbeing Group(ザ・ウェルビーイング・グループ)の略です。
シンガポール発で、世界屈指の高級茶葉を扱うグループです。
主に茶葉やスパイスを扱うほか、店内でアフタヌーンティーを楽しめるようになっている店舗もあります。
また、店舗によりますがお茶を入れるための陶器類や、マカロンなどお茶請けになるような菓子類の販売もしています。
イギリス発の紅茶専門店である、TWININGS(トワイニング)と似ているように見える略称ですが、
全く別物(というか恐らく競合他社)です。

会社ロゴ

会社のロゴは以下のようになっています。
左がTWG、右がTWININGS。ロゴで見ると全然違いますね。

twgtwinings

沿革

TWGのロゴには、1837年とありますが、この年はシンガポールに商工会議所が作られ、紅茶貿易が公に始まった年のようです。
(そして、これについて創業年を誤解させていると裁判でも言われていた模様・・・。
TWG側はシンガポールに商工会議所が作られて、紅茶貿易が始まったことに対する賛辞だと主張していたようです。
まぁ、実際紅茶ブランドは「歴史」を重視するところがあるのでわざとやってるとは思いますが仕方ないかなとも思います。)

その後、割と最近の2008年に設立されました。かなり若い企業です。
ラッフルズプレイスという、マーライオン公園のそばにあるビル群のある箇所で、
その中でも南の端にある共和国広場というところで最初の店舗がオープンしました。

運営初年度はニューヨークのDean&Delucaでお茶の販売をし(茶店は無し)、
2010年には、東京の自由が丘に最初の海外店舗をオープンしたようです。
わずか6年で14カ国()でサロンやブティックを展開したようで、かなり成長中みたいです。
シンガポール、ロシア、日本、モロッコ、香港、マレーシア、タイ、台湾、中国、アラブ首長国連邦、カタール、フィリピン、インドネシア、韓国、英国、米国、インド、オーストラリア。

2018年現在では、シンガポール発の紅茶店としてかなり知名度を得ているように思います。
日本では東京に三店舗あるので、それでかなり知名度が上がっているのでしょう。

実際、レビューを見た感じだと値段の分味はかなり良いという評価が殆どなので、質の良さは文句無しでしょう。
(個人的にも、非常に質の高いサービスと商品を提供していると感じました。)

ちなみに、香港には名前のよく似た「Tsit Wing Group(通称TWG)」という企業があるため、
店舗名が「TeaWG」になっています。
そのため、香港に行くとレアなTWGが見れますw

どんな茶葉を扱っている?

TWGの取り扱っている茶葉の種類は、結構多いので全部紹介は出来ませんが、
人気どころ+個人的αだけ個人的飲み口レビューと一緒に書いていきます。

ブラックティー(Black Tea)

まずはTWGでは定番のブラックティー
TWGの一番人気で、トワイニングで言うところのアールグレイポジション。

ちなみに、TWGにはトワイニングのように、包装に蒸らし時間の目安や、入れ方のオススメみたいなものは載っていません
ただ、店員さんに聞くと教えてくれるみたいです。

個人で色々試した感じだと、2分だとすっきりとした癖のない飲み口に、
4分だと多すぎたのか少し渋みが強いように感じました。
個人的には間を取って3分か、2分ですっきりした飲み口を楽しむのがよさそうです。

バニラブルボン

ルイボスティーをベースにバニラで香り付けされたというこちらの銘柄。
実際バニラの甘い香りを楽しみながら、ルイボスティーの味を楽しめます。
ただ、ルイボスティーが少し独特の酸味があるので、蒸らす時間は気を付けた方がよさそう。

酸味を楽しみたい人は少し長めに、バニラの香りと甘味を楽しみたい人には短めに蒸らすのがオススメです。

イングリッシュブレックファーストティー

tea

日本でも結構有名な銘柄かもしれません。
ブレックファーストの名の通り、朝のぼんやりした目を覚ますのに最適な、
上品な花の香りとすっきりとした飲み口の紅茶になっています。

こちらもブラックティーと同じような蒸らし方で良いと思います。
ただ、こちらは長く蒸らしてしまっても比較的苦みは出なかったように感じます。(個人差かもしれないです。)

カモミール

カモミール
こちらも有名な銘柄。
ハーブティーの中では頭一つ抜けた知名度を誇るのではないでしょうか。
健康にいい代償か、かなり癖の強い香りや味の銘柄の多いハーブティーですが、
カモミールは比較的飲みやすく、実際TWGのカモミールティーも飲みやすいとは思います。

とはいえ、ハーブティーはハーブティーなので、あの独特な香りが苦手な人にはやっぱり飲みにくいかもしれません。
基本的なところは他のブランドとは変わりません。
ハチミツやバニラエッセンスを加えてにおいを消してしまってもよいかもしれません。

ホワイトスカイティー

iraniran

名前が凄いw
ホワイトティーをベースに、「イランライン」という花びらを混ぜたものらしいです。
希少なホワイトティーに、香りが良いとされている(らしい)イランラインの花びらを混ぜているため、
健康+味+匂いの三点が揃ったセットということになりますね。

実際香りはすごくよかったです。ただ、味は美味しいとは思うのですが、他のティーとの差が良くわからなかった・・・!
自分の入れ方が悪いかもしれません。

まとめ

以上、TWGについてまとめてみました。
非常に質の高いお茶を楽しめるので、是非一度東京に訪れた際や、シンガポールに行く際は店舗を訪ねてみましょう。
ちなみに、TWGのお茶のTバッグは、ナイロン製なのがうれしいです。

どの銘柄にするか迷った場合は、以下のようなアソートをまずは試してみても良いかもしれません。

イングリッシュブレックファースト,フレンチアールグレイ,カモミールの3種類×5個セット

シンガポールの高級紅茶TWGシリーズ(Classic Teabag Selection 3種類×5パック ) ENGLISH BREAKFAST,FRENCH EARL GRAY,CHAMOMILE)並行輸入品