【白猫プロジェクト】白猫×モンストコラボ白き覇者の塔攻略

【白猫プロジェクト】白猫×モンストコラボ白き覇者の塔攻略

白猫プロジェクトとモンスターストライクコラボ「モンスターストライクプロジェクト」で、
ソロ or 2人攻略クエスト「白き覇者の塔」が公開された。40Fは初の助っ人可能な金称号クエストになっている。
今回ソロで完全制覇をしたので、その攻略を書いていく。


ちなみに、Twitterやこちらのコメント欄、お問い合わせから連絡いただければ時間ある際に助っ人します。
時間のある時しかできませんが、お気軽にご連絡ください。

全体攻略

全階層に共通して役に立つ情報を以下に解説していきます。

耐性を確認しよう

今回のクエストは、制限が階層によって変化する上、敵の耐性もバラバラ
強いキャラクター一体だけで完全制覇ということは、出来なくはないが難しい上に耐性を持つ相手には長期戦になるため大変。

なので、
clickhere
動画の矢印部分の、敵ボスが書いてあるところをタップして耐性を確認しながら編成しよう。
特にカニディメンションナイトマンティコア等は、
耐性のある職業の攻撃だとほとんど体力を削れないので長期戦になりやすい。
上の方の階層は一撃即死の攻撃力のため、長期戦になればなるほど厳しくなってくるので、
弱点を突けるキャラクターを編成して短期戦になるようにしておこう。(※40Fは除く)

魔法使いを組み込もう

HELLや金称号クエストでは共通で言えることだが、
ステルス魔法使い(できればルカ)」が居ると難易度が天と地ほど違う
メインの戦闘キャラを先頭にして開始し、敵に倒されたらステルス状態で安全に復活させることが出来るからだ。
さらに、誰かと協力している場合、相手を復活させることも可能になる。

仮にステルス石板を持っていなくとも、
ルカのように復活の早い魔法使いならチャージしつつ移動して復活ということも可能。
どうしてもクリアできないクエスト、
かつ耐性パズルが必要でないクエストの場合は魔法使いを一人パーティに入れるようにするだけで難易度が大きく変わるはず。
(ただ、魔法使い制限クエストもあるので注意)

SP制限に強い一部のキャラクターを上手く使おう

今回も初期SP、SP回復制限が付いている。
そんな場合は、これまでのHELL攻略クエスト等でも役に立ってきたキャラクター達が役に立ってくれるので上手く使っていこう。
以下一例。(自分はキャラコンプ勢ではないので、他にも強くてお役立ちキャラクターはいます。)

マフユ
非常に攻撃速度の速い魔法使い
バーストゲージ増加量UPの石板があれば即座にバーストを放ってSPを大幅に回復可能。
無くても早い。
かつ、魔法使いなので復活役も出来る。
さらに、フォースターなので現行のガチャからも入手可能である。
SP回復のルーンドライブ持ちのルーンセイバー
ルーンドライブをSP回復にセットして逃げ回るだけ。
PSに自信があればコロリンアタックの繰り返しでもいい。
ルウシェの場合アラストルで遠方からSP回復や、
アイリスの場合S1でさらに自動回復追加など、SP制限には強い職種になっている。
さらに、今回ダルタニャンが配布で入手可能
名声会コヨミ
サポート界の神。初手SP、HP回復フィールドを展開できるので、SP制限などあってないようなものになる。
ただし、現行のガチャからは引けない。ジャンボチケットでチャンスがあるかどうかといった感じ。

40階攻略

hasya1
早速メインの40階の攻略について。
今回は一回クリアすると助っ人以外で挑戦できなくなってしまうため、
動画を取り損ねてしまっている・・・。

攻略パーティ

hasya_member
茶熊ルウシェ、ルカ

まずは攻略した際のメンバー。
茶熊ルウシェ(ルーンセイバー)ルカ(雷・魔法使い)となっている。
ルウシェが主なアタッカーで、ルカがルウシェが倒れた際の復活役。
もし持っているならルカには石板を持たせた方がいいが、無くてもなんとかなる。
装備は特筆すべきものは無いようにしていたつもり。
(むしろ復活用のルカにバーストゲージ増加石板を持たせたりして無駄遣いしていた・・・)

戦闘攻略

実際の戦闘について。
今回のHELLは、5つの戦闘シーンに分かれているのでその順番に解説。
共通でメタル骨が2体必ずいるいやらしい構成になっている。
(メタル骨は、二体とも倒すと復活してしまうので、一体だけ倒して残りの一体を放置しておくと少し楽になる。)

  1. トロール×3戦
  2. バフォメット×3戦
  3. ナハトドンナー×2戦
  4. ヨモツイクサ戦
  5. 黄泉&ヨモツイクサ戦

VS トロール×3戦

troll

初手トロール三体との戦闘。
最初に一体、時間差で二体が現れる。

ここで意識したいのは、「まず中心の付与効果無効化のメタル壺を破壊する」こと。
バフやバリア無しでトロールに掴まれたら即死無効が付いていない限りまず即死する。
しかし、付与効果無効化のメタル壺が真ん中にあり、端っ子ギリギリ以外では全ての付与効果が無効にされてしまう。

なので、まず最初にコロリンアタックを駆使して壺を破壊し、
バリアや自動反撃の張れるキャラ(茶熊ルウシェとか)で安全に戦える体制を整える。

壺は真ん中を破壊すると、左下→右上にさらに出現するが、
一旦右上に移動してトロールとの戦闘に移ってしまおう。

続いてトロールを一体に減らしたら、
左下のメタル壺を破壊、その後少し待って右上に現れるメタル壺を破壊しておこう。
メタル壺の早期破壊はこの後の戦闘にも影響してくるので、ここは一番大変だが是非頑張ろう。

VS バフォメット×3戦

トロールのラスト一体を倒すと、バフォメット3体が出現する。
バフォメットはDA状態になるととても厄介なので、3体まとめて攻撃するように心掛けつつ短期決戦で挑もう

DA状態になってしまった場合、無理にバリアを張りながら攻撃するより、
円を描くようにコロリン回避をし続けてDA状態が解除されるのを待っても良い。
(PSに自信があれば攻撃し続けてもOK)

ここはトロール戦を潜り抜けていればそこまで苦戦しないはず。

VS ナハトドンナー×2戦

ナハト

バフォメットの最後の一体を倒すと、ナハトドンナーが2体出現する。
先ほどはまとめて倒すようにと書いたが、ナハトドンナーにはHPを半分まで削ると変身する厄介な特性がある。
変身後のブラックホールを生成して引き寄せられる攻撃が非常に厄介なので、
ナハトドンナーについては一体ずつ丁寧に処理していこう。

DAはあるが、基本的にバリアを張ってスキルを出していれば即死はしにくい相手なので、
ここも前の二戦を潜り抜けていれば問題なくクリアできるはず。

VS ヨモツイクサ戦

ナハトドンナーを倒すと、フィールドが変化しヨモツイクサ戦が始まる。
ムラマサが出現するため、グラヴィティフィールドに気を付けつつヨモツイクサに接近しよう。
また、ムラマサは二体出現するので、最初に一体に減らしておこう。
(二体とも倒すとヨモツイクサが復活させてしまうので)

ヨモツイクサ戦では、行動パターンを覚えて慎重に攻撃するようにしよう。
スキルを乱発していると、DA範囲からの退避が遅れて倒されるということが起きるので、
回避して攻撃に移れる攻撃を覚えて、長期戦覚悟で慎重に削っていくことが大切になってくる。

以下に各行動と回避方法を書いていく。

まず、追尾する触手攻撃
追尾触手攻撃
これは動いてさえいれば当たらないので回避自体はとても楽。
一応全攻撃を終えた後少し攻撃時間があるが、あまり長い硬直のあるスキルは撃たないようにした方が良いかもしれない。

そして前方への広範囲攻撃
前方広範囲攻撃
これはかなり広範囲なので、うかつに前の方でスキルを連発していると、
硬直などで回避が間に合わずまともに食らってしまう。
ただ、表示が出た瞬間からコロリン回避で後ろに退避すれば基本的には逃げ切れる。
ヨモツイクサは後方にいた方が全体的に攻撃が避けやすいので、
攻撃する際はなるべく前に出過ぎないように気を付けよう。

中央への強力なビーム
中央ビーム
貯めが比較的長く両サイドに回避すれば良いので回避自体は非常に簡単。
ただし、当たると強力なのでうっかり当たることの無いよう注意。
前方が少し範囲が広くなっていることに注意したいが、
基本的にこの攻撃中は両脇から安全に殴るチャンス

続いて、両サイドへの攻撃
両サイド攻撃
中央へのビームと正反対なので、これも中央に回避するだけなのだが、
貯めが比較的短いので注意。
スキルを撃つタイミングと硬直時間によっては当たるので、
サイドにいるときにスキルを発動する場合はよくヨモツイクサの行動を見てからにしよう。
また、これを撃たれてからは中央にいれば安全なので、中央からヨモツイクサをぶん殴るチャンスだ。

個人的に厄介な前方への攻撃+追尾弾発射
ヨモツイクサ前方と追尾弾ヨモツイクサ前方と追尾弾2

まず最初の前方への攻撃は当たらないように後方へ退避しよう。
厄介なのが、その後に出してくる追尾弾、
これはDAなので、安全に回避するためにはコロリンをするしかないのだが、
この段階まで来ているともはやコロリンしすぎで指が痛い。
ただ、スキルを撃っている状態であたるとバリアが消費され、何もなければダメージを受けるので、
頑張ってコロリン回避しよう。
基本的にこの攻撃中はヨモツイクサに攻撃しない方が良い

ヨモツイクサ触手攻撃
両サイドから中央に向かって伸びてくる触手攻撃。
この攻撃は、攻撃の全段階で後方へ吹き飛ばしを食らうので、
それを無視して前に向かって全力疾走しない限りは当たることはない。

ヨモツイクサに攻撃するのが難しい位置になるので歯がゆいとは思うが、
ここはぐっとこらえて後方で武器スキルを使ったり攻撃準備を整えるタイミングに利用し、突っ込まないようにしよう。
(PSに自信があれば回避で突破してヨモツイクサを殴りに行ってもいい)

sp減少
最後に触れるとSPを減少させてくる攻撃
コロリンを使うか、攻撃の順番を見切って回避も可能。
SPが減るだけなので、他の攻撃に比較すると危険性は低いが、
HP1状態でこれを食らって立て直しが厳しくなるといった状態になると辛いので気を付けよう。
この攻撃中もヨモツイクサを殴るチャンス。

VS 黄泉&ヨモツイクサ戦

黄泉

ラストは黄泉とヨモツイクサとの同時戦闘にして最難関!
(トロールとどっちが難しいかと言われると悩むが)
ここは無理に同時戦闘しようとせず、後方に下がって黄泉との戦闘を先に終わらせよう。

ヨモツイクサの攻撃は後方にいれば回避しやすい攻撃が多いので、
比較的黄泉との戦闘に集中しやすくなる。(とはいえ、油断していると思わぬビームや追尾弾で床を舐めることになるので注意)

黄泉の行動パターンはあまり覚える必要はない。
というのも黄泉はスキル後の硬直(待機?)状態が長いため、
攻撃中はコロリン、DAでなければスキル→硬直状態に通常攻撃でSP回収・余裕があればスキル攻撃
の繰り返しで倒すことが可能。
HPも高くはないので、頑張って削り切ってしまおう。

その後は残ったヨモツイクサを上と同じ手順で倒すのみ。
何度も繰り返して敵の行動パターンを覚えて頑張りましょう!


まとめ

指が痛くなるHELLでした。
メタル壺はコロリンアタックで指を痛めるだけで、難しくはならないのであんまり乱用して欲しくないですね。
あれが無くて初戦がもう少し難易度高い設定とかになっていれば、
もうちょっと指を傷めず高難易度に出来たんじゃないかという気がします。
(助っ人にちょくちょく参加しているのですが、40Fやると指が痛いのでしばらく休憩に入っちゃってあんまり助けられてないので・・・。)