退職代行は実際どうなのか、使ってみた。アフターケアはしてくれる?

退職代行は実際どうなのか、使ってみた。アフターケアはしてくれる?

最近巷で噂の「退職代行」。その名の通り、会社を辞める作業を全て代行してくれるサービスである。
今回、幸か不幸か使うことになったので、「実際に使ってみてどうだったのか」についてまとめていく。
自分の場合、即日退職を希望し、離職票などを職場に依頼する段階までお願いする形になった。

退職代行、使ってみた。使ってみてどうだったか

退職願

今回、自分は転職先が決まっていたが、現職でズルズルと最終出社日を延ばされてしまっていた。
もう直接お話しても丸め込まれるだけだし疲れた・・・そうだ!退職代行使って即日退職してやろう!という感じで、
日曜日の夜に依頼して月曜日には実行してもらえた。恐るべきスピード感。
電話連絡などは必要なく、全てLINEだけでの手続きも可能。

今回は、取材も兼ねて電話もさせてもらったが、なんと
「当日の朝6時に電話してきて、9時までになんとかしてくれ」という依頼もあるとのこと。
以下に代行に必要だった手続き、そして実際に使ってみた感想などまとめていく。

代行までの手続き

退職代行までにこちら側で必要だったものを挙げていきます。

アンケート

まず最初に簡単なアンケートをお願いされました。

アンケート項目:
退職者名
退職希望日
会社の電話番号や入電時間
有給有無
退職理由
会社からの貸与物有無

これは当然と言えば当然ですね。
これらの項目を聞かないと代行業者も電話とか出来ないので。

FAX

そして次に必要になったのはFAX
退職届を入電前までに会社にFAXで送付しておいてほしいと言われました。
正直、FAXをもし誰かに見られたら入電前に会社から鬼電かかってきてやばいのでは・・・?とか思いましたが、
案外そんなこともなく終わりました。
ただ、最悪内容証明郵便で送ってもいいようなので、
職場環境に問題があって退職される方や、そもそも職場にFAXが無い方は相談してそのやり方に変更してもらっても良いと思います。

退職手続き

そして最後は、勤めていた会社から送られてくる退職手続きに沿っての手続きを行います。
ここも仲介してくれて、代行業者側で一旦メールを受け取ってから、こちらに転送してくれます。
職場環境の問題で退職される方も、一旦チェックを挟むので罵詈雑言を送られる可能性は低いので安心できそうです。
自分も丸め込まれる文言を盛り込まれることなく退職できました。
(会社が諦めてくれたのか、代行業者の方が削ってくれたのかは分かりませんが)

ちなみに、自分は自筆の退職願・会社から貸与されていたセキュリティカード・健康保険証を特定記録郵便で送りました。

離職票などアフターケア

離職票等の発行も全て代行依頼してくれました。
自分の場合特に手続きは必要なく済みましたが、
場合によっては必要書類を会社に送るなどの手間が発生するかもしれません。

実際退職代行使ってみて、どうだった?

実際退職代行サービスを使ってみた感想ですが、
諸々三時間程度で終わってしまって、こんなあっさり辞められるもんなのかと思いました。
正直辞めたという実感が無くて、朝うっかり出社しそうになる程度には辞めた感覚が無いです。

退職代行使って良かったこと。

何の苦しみもなく辞められたのは本当に良かったです。
自分は退職するのは二回目ですが、一回目は本当に周囲の目がきつかったし、退職届渡すときは社長に発狂されて本当に怖かった。
今回の会社は、そういう会社ではないので、強硬しても恐らく発狂はされなかったと思いますが、
それでも周囲から辞めるのか・・・という目で見られると思います。これはどの会社でもそうなるし仕方のないことだと思います。
そういうのが無くもう無理!と思った翌日には会社に行かなくていいというのは助かります。

そして、やはり確実に辞められることが良かったです。
自分の場合、ズルズルと退社日を引き延ばされてしまっていての今回の行動だったので、
あっさり丸め込まれることなく辞められて助かりました。
アフターケアもやってくれるので、気まずい電話も全部お任せ出来るのがありがたい。

退職代行使って悪かったこと。

なんというか、もう二度と前職の人には会えないな、と思いました。
一回目の会社の人には、なんだかんだ会っても大丈夫だなと思うし、実際仲が良かった人とは偶に会います。
ただ、今回の会社の人には罪悪感でとても会えそうもありません。
自分のタスクを同じ部署の人になんの引き継ぎもなく押し付けてしまった・・・。」という思いが時間と共に心を抉ってきますし、
自分の口で退職のことをしっかりケリをつけなかったことで、「筋を通せなかった」という思いがあります。
筋なんて自分の人生に比べればどうでもいいはずなんですが、やっぱり気になる人は気になると思います。

もう一つ、正直癖になりそうです。
罪悪感覚えてるんじゃないのか!?と思われるかもしれませんが、この罪悪感を置いても癖になりそうです。
仕事から何の誹りも受けることなく逃げられるということが、とても楽でした。
誤解を承知で悪く言えば、逃げ癖がつきやすいと思います。
(次の職場がブラックでも無理をしろという意味ではないです。)

退職代行使ってみた、まとめ

以上、退職代行を使ってみたまとめでした。
中々退職代行を使ってみたという記事は無かったので、
退職したいけど直接言うのは・・・でも退職代行って怖いし・・・みたいなことを考えている人がいれば参考になれば幸いです。

自分は、3社ほどに連絡して、
一番安くて評判の良かった「辞めるんです」というサービスを利用しました。(通常5万円で、キャンペーン中3万円だった。)
今回自分の会社に問題があるというより、自分の交渉力に問題があったこと、転職先が決まっていたこともありここを選択させてもらいました。
https://yamerundesu.com/lp/index.php

厄介な会社の場合や転職先が決まっていない場合、
以下の「EXIT」というサイトなら5万円で転職サポートもしているようです。
https://www.taishokudaikou.com/

この辺りは臨機応変に、自分の状況と財布と相談して決めるのが良いと思います。

色々メリットもデメリットも言いましたが、どうしても辛い状態の時ってあると思います。
そういう時に全て投げ出してやってくれるサービスがあるっていうのは良いことだと思います。