【GE3】ゴッドイーター3をエンディングまでプレイしてみた、ネタバレまとめ

【GE3】ゴッドイーター3をエンディングまでプレイしてみた、ネタバレまとめ

バンダイナムコゲームスが発売したゴッドイーター3(GE3)をプレイしたので、
感想とネタバレまとめをします。
初代や2と比べるとかなり難易度は優しくなっていると感じました。
ストーリーも賛否両論ではありますが、個人的にはしっかりまとまってて良い流れだったと思います。


※ネタバレあります、閲覧注意

ゴッドイーター3 プレイ感想

あら^~
あら^~

事前情報で、ユウゴが主人公で主人公がヒロインという情報を得ていて、
どんなもんかと思っていましたが、ハードル上げ過ぎたのか案外さっぱりした関係でした。

FE覚醒のクロムとルフレの関係というのが一番しっくりします。
さらにゴッドイーターだと終盤まで主人公が喋れない縛りの中で通訳していくので、ユウゴが主人公っぽくなるのは仕方ないかなと。
その割には主人公がべらべら喋れるFE覚醒程依存してる関係にも見えなかったのでシナリオライター頑張ったなとすら思います。

ただやたらと二人で見つめあう→頷くシーンが多いのだけは気になる人は気になると思います。
アイコンタクトで理解しあえる親友だから・・・(震え)で納得してましたが確かにアレはデキてると言われても仕方ない気がする。
こいつら多分「アレ取って」って言われたらアレって何だよって言わなくても欲しいもの取ってこれる関係だと思います。

手を繋ぐ
この主人公とフィムとクレア好き

正ヒロイン達の影が薄いという情報もあったので不安でしたが、クレアについてはそんなこともないかなと思います。
(ルルは一応選択肢で「いいお嫁さんになるな」って選択には結構いい感じにデレを見せてくれるのですが、他は全然絡まなかった気がする・・・)
上の画像二枚でもそうですが、要所要所で主人公の隣のポジションにいてくれるのでほっこりします。
(フィム挟みますが、それが家族っぽくてなお良し)
ユウゴさんはほぼ全シーンで主人公の隣をキープし高確率でカメラの中央を占拠するのですが、
FE覚醒で映像中主人公は影も形も存在せず、クロムやルキナが映像に収まるのと同じ理由です、きっと気にしすぎです。

とユウゴを下げるようなことを書きましたが、
色々自分で考えて行動して、ちゃんと兄貴分してたので良いキャラだと思います。
途中灰域種を船にぶつけてフィムを救出するぜ!みたいな作戦を出したときはそれはちょっと・・・と思いましたが。
まぁどっかの軍師に依存しまくりで隣国の王様の名前すら分からない人よりはちゃんと自分で考えてるし一番危険なところは率先してやってるので好感持てます。誰とは言わないけど。

ストーリーネタバレまとめ

ラスト
こういう構図好き

ストーリーはハッピーエンドでプレイ後感の良い話になってました。
いい意味で意表をついてくれたと思います。

従来のゴッドイーターの流れだと一人は主要キャラが死んでビターエンドを迎え、バースト(完全版)で戻って来ます。
正直ユウゴは途中離脱した時「あっ・・・死ぬんやな・・・」と思いましたし、
ラスト主人公がラスボスの攻撃をかばう動作をした時も「あっ・・・死ぬんやな・・・」と思いました。
でもラストピンピンして主人公の隣を占領します。やっぱユウゴはすげぇよ。
メタな話、開発段階のどこかまでユウゴは死ぬ定めだったんじゃないかと思います。
ストーリー初期ではユウゴがかなり絡んでくるのですが、実は中盤以降さほど絡みが無くなり、他のキャラの掘り下げに入っていきます。
なので、本当は離脱した時に死ぬ予定だったのが何処かで変更になったのかなと。

ただこの変更は良いと思っていて、
自分はGE2でジュリウスは「こいつ死ぬな(確信)」と思ってパーティからあえて外していて、まぁそれは良かったのですが、
ロミオとかいう死ななそうだしあんまり離脱しなさそうな安牌に死なれてパーティ練りなおしじゃねーか!となった過去があるので、
主要キャラを殺さない・あまり途中離脱させない方針は良いと思います。
主要キャラだと感情移入もしているので、やっぱり死なれると悲しいですしね。

全体の流れとしても、エンゲージという設定や、
「エンゲージを複数人でやったらやべーわwまぁやってみないと分からんけどw」という発言をちゃんと回収していて、
結構丁寧に作られていると思います。
賛否の否の部分として、ご都合主義過ぎるという指摘があり、実際かなり主人公一行に都合のいい感じで進んではいくのでそこは気になる人は気になると思います。
ただ、今回はフィムがとても可愛らしく、個人的にはハッピーエンドを見れれば多少のご都合主義でも構わないかなという気分になりました。

まとめ

バルムンク

ストーリー・キャラクターについては上で述べた通り、気になる点もありますが概ね良かったと思います。
ハッピーエンドってやっぱり良いものだと思いました。

ただ、一方で戦闘は中々厳しい評価になると思います。
難易度自体は下がって、かなりアラガミを倒しやすくなってると感じます。(鎌をもって回復しながら脳死ディストピアをしていれば大体何とかなると思います。)
ただ、一方でアラガミの戦闘力というか機動力がえげつないです。
特に今回から追加された目玉の敵、「灰域種」は戦闘力が高く、
ワープ→後ろから一撃死攻撃みたいなコンボを結構頻繁に決めてきます。
攻撃の隙も少なく、コンボをラストまで決めていると確実に一撃当てられるという場面が多いです。

キャラクリもパーツが少なくなり、服装も正直ダサいのが多いです。
ただ、グラフィックはかなり良くなっていて、おかげで途中の会話シーンもクオリティが高くなったのでここはそこまで気にならなかったです。

後はアップデートによるバランス調整と、DLCでのキャラエピ追加さえあれば個人的には満足な作品でした。