【白猫プロジェクト】帝国の棺、ジュダについてまとめてみた。【ジュダ・バル・アーウェルサ】

【白猫プロジェクト】帝国の棺、ジュダについてまとめてみた。【ジュダ・バル・アーウェルサ】

白猫の二周年イベント「Soul Of Knights」で登場した、メインストーリーにも関係する設定を持つキャラクター「ジュダ」
帝国に所属し、「アイシャ」の相棒のような立ち位置で「帝国戦旗」シリーズで主役キャラにもなっている。
今回はそのジュダ・バル・アーウェルサというキャラについてまとめてみました。

ジュダ・バル・アーウェルサとは?

juda3
ジュダ・バル・アーウェルサとは、ワンフィンガーRPG「白猫プロジェクト」に登場する男性キャラクター。
白猫の世界で最大勢力を誇る二つの国「帝国」「連邦」のうちの一つである「帝国」に属する
帝国の中でも、唯一皇帝に直接仕え、帝国に仇なすものに対して皇帝の名のもとに棺を送るとされている。

世界の我儘」ことバールをその身に宿しており、
皇帝と共に帝国を興し、推定数千年を生きている皇帝唯一の友人であり理解者でもある。
そのため、歴史に対して非常に詳しい(というか、帝国関連についての大きな出来事はほとんど当事者だったのだろう)

初登場は、白猫二周年イベント、「Soul Of Knights~託されし者たち~
帝国と連邦の争いを描いたイベントで、その裏では「聖地ディルムン」に眠る神獣を目覚めさせるための陰謀が進行していた。
ジュダはそれを察知しており、陰謀を食い止め、首謀者に「棺を送る」ために活躍する。

その後を描いた帝国関係のイベント「帝国戦旗」で、
相棒キャラ「アイシャ」が登場し、シリアスなシナリオの評判の良さと共に人気が爆発。
2018年の人気投票では、男キャラの中で圧倒的な人気を誇っていた。
ちなみに、「ジュダ」「アイシャ」はこのイベント以降、人気投票が絡むものでも全てセットで登場している。

ヴァリアントで、変身すると狼のような形態となる。
そのためか、骨が好きであったり、「撫でてくれ」と発言するなど、
普段の中二病っぽい雰囲気や言動とは裏腹にネタキャラのような一面もある。
何故かいつも左目を隠しているが・・・。

登場イベント

ジュダはこれまで5つのイベントに登場してきました。
順に簡単なあらすじと共にまとめていきます。

Soul Of Knights~託されし者たち~

juda1
白猫二周年イベントで、ジュダの初登場イベント。

白猫最大の勢力、「帝国」「連邦」がぶつかり合う、二周年らしくかなり壮大なシナリオのクエスト。
ちなみに、「帝国」は一つの大きな領土を皇帝が統治しており、
「連邦」は多数の国からなす一つの勢力というイメージを持っておけば大丈夫です。
連邦には白猫の有名どころだと、「インヘルミナ」の国も所属しています。


白猫世界で大きな勢力を持つ「帝国」と「連邦
二大勢力は対立しあってきたが、連邦がついに帝国を討つべく「征討軍」を結成。
聖地ディルムン」を制圧する。
しかし、その裏では聖地に眠る「神獣」を解放するための陰謀が動いていた。
選ばれし9人の英雄は、その陰謀に対して各々立ち向かっていく。

あらすじは大まかにこんな感じ。

ヴァリアント・雷で登場。
強いは強いものの、ヴァリアントがクラスチェンジするまで不遇職だったこともあり、
あまり話題にはならなかった。

この頃から自傷スキルによる高火力や、強力なドレインが付いている。

帝国戦旗 〜The Undertaker〜

juda2

相棒となるキャラクターであり、概念使いである「アイシャ」が登場したイベント。
ソウルオブナイツの流れを汲んでいますが、このイベント単体でも読めるようにはなっています。

舞台は帝国。「烙印のルーン」と呼ばれる、人を魔物に変えるルーンを用いて暗躍する何者かを追うところから物語が始まる。
帝国を治める皇帝の唯一の友人であり、唯一皇帝の勅命を受けて動く「ジュダ
そして皇帝を裏では軽んじている元老院配下の特務機関「狩猟戦旗」に属する「アイシャ
ジュダは皇帝の命令のもの、アイシャは元老院の命令のもと、仕える立場は違えど
「烙印のルーン」を悪用している「レヴナント」を打ち倒すために共に戦う。

その黒幕は、ジュダや皇帝がかつて「棺を送った」因縁の相手であった。

双剣・雷として登場。
通常チャージ攻撃で無制限にステルス可能で、無敵時間も長く非常に強力なオリジナルフォームが話題になった。
スキル1の強力なドレインと、短くまとまったスキル2、そして闇属性攻撃のスキル3による対応力の高さ・・・。
セットのアイシャも非常に優秀な性能でした。

未だにステルスが必要な場面では使っています。(ピアナを引けなかった・・・)

帝国戦旗II 〜REQUIEM〜

帝国戦旗の続編「帝国戦旗II 〜REQUIEM〜
急に髪型が変わってしまいました。
残念ながら自分はイベント時・凱旋時全て爆死してジュダを引けていないので、
画像は持ってないです。引けたら追加します。

帝国戦旗Iで一度は滅ぼしたと思われていた敵、「ツァラ

しかし、彼は復活していて新たに「埋葬者」と呼ばれるレヴナントの構成員と手を組み、暗躍を始める。

一方、ジュダは内に潜む「世界の我儘」バールの干渉に悩まされていた。
アイシャはジュダを抑えるためか救うためか、自身の拒絶の概念によってそれを拒絶し、しばしの猶予を得たジュダ。

ツァラとレヴナントの暗躍を調査するため、アイシャと共に学者に変装して連邦に潜入する。
そこで様々な事件を経て、ジュダは自身の衝動に対する答えを見つける・・・。

帝国戦旗Iではアイシャに割と上手くあしらわれてしまっていたジュダだが、
今回は振り切ったからか、ジュダの方が余裕を見せている。
大人の駆け引き良いぞ。

ヴァリアント・闇での実装。
実装当初は、武器もあまり強くなく職自体も不遇なキャラクターだった。
しかし、クラスチェンジによって一挙最強クラスのキャラクターへ昇格したことで話題となった。

キングスクラウン2

juda4

髪型変えた?
キングスクラウン2で、見事男性キャラ総合一位を獲得して登場。
ここでもアイシャとセットになり、二人そろって衝撃的な姿になったことで話題となりました。

キングスクラウンは、
選ばれし三人が精霊の冠を授かる」というシンプルなストーリーなので、あらすじは無しで。
思い出の方のあらすじをまとめていきます。

今回は思い出のネタバレがあるので注意。核心は言ってません。

選ばれし者に試練を与え、その試練を乗り越えたものに力を与える冠、「キングスクラウン
アイシャはその一人に選ばれ、前年の選ばれし者である「ユキムラ」から冠を渡される。
ジュダに与えられた試練は、なんと「子犬化」であった。
無力な子犬となり、そこいらの中型犬にもいいようにされてしまうジュダ。
必死に立ち向かうジュダだが・・・。

というわけで、なんだか不思議な形態の子犬化した。
中型犬に対して「なんだ貴様・・・やる気か?」という発言がネタにされ、
音声も素材としてそこら中で使われることになった。
(CVが有名な方なのでボイスネタ化は宿命かもしれない)

今回は弓・水で登場。
優秀な性能の精霊オウスイを譲り受けており、本人の性能もかなりのもの。
スキル2がDPSを意識してかなり隙の少ない発動時間になっているため、キング戦等でも使いやすい性能だった。

茶熊学園2018 ~茶熊闘争祭~

juda6

そして茶熊学園2018での登場。
こちらもキングスクラウン同様人気投票によって選出される。
ジュダは白猫三年目に登場したキャラクター枠の中で見事男性一位を獲得。
ここでもアイシャとセットになり、本人たちも作中で腐れ縁に対して色々言っている模様。

コヨミとタローとの犬トリオ絡みは必見。

皇帝の勧めもとい命令によって茶熊学園に入学したジュダ。
そこで同じ狼であるコヨミやタローと出会い、園芸部に入りなんだかんだ楽しくやっていた。
そこにスパルティという教育者が現れ、茶熊学園の学長である、「カムイ校長」が不正をしたという。

カムイは捕らえられ、スパルティの基「改革」に曝された学園。
ジュダと学園のメンバー達は、カムイを助け、「自由」な校風を取り戻すため戦いに身を投じる

とにかくコヨミとのやり取りがほほえましい。
コヨミの無邪気さにあてられたのか、元々子供には優しいのか、本当の兄妹のような関係を築いていました。

今回は魔・雷で登場。
性能面では何よりも特筆したいのはその恐ろしいDPS
とにかくスキル2が強力で、追尾ビームで短い時間で一億を連発する。
さらに、分かりにくいがスキル2発動中は掴み攻撃以外が無効になるため、DA環境にもかなり強い。
また、スキル2を発動すると、精神統一が付与されるため、祝福武器との相性も非常に良い。
強力☆20のすもぐりワンダーランドは、ジュダならかなり安全かつ高速でソロが可能になってしまった。
スキル1でいつも通りのドレインもある。

覚醒絵

※ジュダの覚醒絵バレ注意。
帝国戦旗IIの覚醒絵のみ所持していません・・・。

覚醒ジュダ1
初代ジュダの覚醒絵。
巨大な門の前で不敵な笑みを浮かべている。

巨大な門の左が聖職者、右が死神のような存在なので、死ぬ前の審判の門といったところでしょうか。
ジュダは棺を送るものなので、その番人であったり、管理人であるという意味なのだと思われます。

覚醒ジュダ2
帝国戦旗Iのジュダの覚醒絵。
初代と同様(ただし、聖職者と死神の位置が違う)、審判の門の前に座るジュダといった感じでしょうか。
今回、常に隠している左目が見えています。
右が黄色く、左が赤い目。シャルロットとは逆の色になっていますが、関係あるのでしょうか?

覚醒ジュダ4

髪型戻した?
意味深な感じはしますが、前二つのような意味を調べるためのヒントは特にありません。
思い出的に、子犬になってしまったことにもがき苦しみ、光を求める様子、とかでしょうか?
ジュダにとっての光とは、他ならぬ皇帝のことだと思いますが、水魚の交わり的なことも意識してたりするかもしれません。

覚醒ジュダ5

ちゃんと両目出してる珍しい一枚。
園芸部って感じの一枚で、タローと仲良くしている様子がほほえましいです。
タロー、SDだと滅茶苦茶でかい(コヨミサイズ)なのですが、さすがに絵になると可愛い子犬ですね。

まとめ

以上、白猫プロジェクトのジュダ・バル・アーウェルサというキャラクターについてまとめてみました。
本編にも登場した、「世界の我儘」をその身に宿しており、
帝国の皇帝唯一信頼のおける友であり部下というかなりのキーキャラクター。
いつか本編にも絡む日が来るかもしれません。

まだコンプは出来ていないので、これからも情報入手次第追記していこうと思います!