【白猫プロジェクト】豪胆なる討滅士、ガルガについてまとめてみた。【ガルガ・ドラグ】

【白猫プロジェクト】豪胆なる討滅士、ガルガについてまとめてみた。【ガルガ・ドラグ】

白猫プロジェクトの新イベント、「討滅士ガルガ」にて登場した「ガルガ」
命滅獣<メギド>など、5周年にも関係してきそうな新たなキーワードに加え、
ケイやショウ、ハーブといった「ダグラスイベント」にも関係するキャラクターの再登場や瘴気というワード等、
今後大きな物語に絡んできそうなキャラクターです。

ガルガ・ドラグとは?

ガルガnomaskガルガ・ドラグとは、ワンフィンガーRPG「白猫プロジェクト」に登場する男性キャラクター。
赤い海」という、海そのものが致死量の瘴気に覆われた地に生まれ育ち、
そんな故郷を救う手立てを探すために、そして命滅獣になってしまった親友である「ラルフ」を打ち倒すために、
冒険家として突如として瘴気に覆われた島へと主人公たちと共に乗り込んでいく。

討滅士という、命滅獣の体組織の一部を移植して瘴気を吸収して武器とすることが出来る、
特殊な措置を受けている戦士で、その中でも頭一つ抜けた能力を持っている。

※命滅獣は瘴気を喰って生きる生命体で、赤い海の生態系の頂点に君臨し、寿命もないなどチート強力な生物。

討滅士は瘴気を吸って戦うため、移植した命滅獣の組織が瘴気を吸うごとに徐々に成長しており、
いずれ命滅獣のようになってしまう獣化という設定がある。
それを防ぐために、討滅器に自らを喰わせて封印する儀式を行わなければならないという、白猫には珍しく重い設定の持ち主。

性格は二つ名の通り豪胆
常に気を張っていないと却って疲れると言い、リラックスすることが得意ではない。
必要最低限以上喋らないが、決して人嫌いという訳ではなく気遣いも出来るし、人付き合いも嫌いではない様子。
(アイリスから貰ったサンドイッチを美味しいと褒めていたり、青空を見て綺麗だと感じたりする一面もある)
※討滅士は肉を付けるために命滅獣の肉を食べさせられているが、非常にまずい(曰くコールタール味)らしい。
ただし、命滅獣が現れると性格が一変する。(赤いヴァリアントを見つけたウェルナー(理性は残ってる)みたいな感じになる。)

登場イベント

今はまだ一つのイベントにしか登場していませんが、
伏線が残っているので再び登場する可能性が高いです。

討滅士ガルガ

ガルガmask

初登場イベント、「討滅士ガルガ」にて登場。
イベントタイトルにもなっている通り、イベントの主役を勤めた。
非常に重い設定を背負っており、シナリオもかなりのシリアス。

また、ケイやショウ、ハーブといった登場人物が登場し、
さらに瘴気設定など「ダグラス」に繋がるキャラクターであることが示唆されています。
公式で序章につながるストーリーも読むことが出来ます。

とある平和な島のそばの海域で、ボートで脱出を試みたらしき冒険者が瘴気を帯びて重症の状態で発見される。
その島は既に瘴気に覆われ壊滅しており、
腕利きの冒険者たちや、鋼の国の傭兵団が調査に差し向けられる。
ガルガ、フェイはその冒険者に紛れ込んで調査と、命滅獣と化した親友「ラルフ」を打ち倒すために島へと向かう。
しかし、命滅獣は強力でガルガは敗北し、更には獣化も進行し、武器に融合せざるを得なくなる。
だが、赤い海とは違う環境下で行われた融合は不完全で、フェイはそこから活路を見出し、最終決戦に臨むことになる。

というのがざっくりしたあらすじ。

大剣・雷として登場。
条件を揃えれば、スキル2で特大火力を出すことが可能。
更に、スキル1ではDA無効で、バーストゲージもかなり上昇してドレインもついているので、
危なくなった場合スキル1を使っての復帰がしやすい。

実際に操作してみると結構楽しくて、特に対命滅獣戦は耐性の相性も良いので、
上手く3億を叩きこめると気持ちいいです。

キングスクラウン3

KC3ガルガnonmask続いてキングスクラウン3での登場。(初出時同様、マスクあり・マスク無しのモードチェンジが付いてます。)
このイベントは、人気投票で上位の男女一名ずつと、最も票を取得したキャラクターが一名選出されるイベント。
見事、男性部門の一位に輝きました。

キングスクラウンは、
選ばれし三人が精霊の冠を授かる」というシンプルなストーリー。
前回まではその精霊から与えられる試練が各キャラの思い出に入っていましたが、
今回からはストーリーで思い出が展開されるようになりました。

以下がそのあらすじ。

選ばれし者に試練を与え、その試練を乗り越えたものに力を与える冠、「キングスクラウン
ガルガはその一人に選ばれ、試練はまさかの「ヘタレ化

モンスターに対して過剰な恐怖心を抱くようになり、子供になつく星たぬきすら恐れるガルガ。
フェイにサポートされてなんとか過ごしてきたが、ある日街に「命滅獣(メギド)」が襲来してしまう。
恐怖のあまり、フェイを連れて逃亡するガルガ。
しかし、ある時フェイが戦わず街を見捨てることに耐え切れず単身で命滅獣に挑んでしまう。

ということで、「豪胆」さを失ってしまう試練を受けることになります。
星たぬきに全力シャウトするガルガは必見。

今回は弓・雷で登場。
ダメージ肩代わり・タゲ取りを持つ優秀な精霊ライダスを使用できるため、
遠距離から安全にSP回収とS2での溜め攻撃を放つことが可能。
大剣の時の様に、バースト無敵を利用した確実で絶対的な一撃ではなく、
リスクを冒して叩き込む必殺の一撃となっているものの、初出時同様の決戦兵器として仕上がっています。

覚醒絵

※覚醒絵ネタバレ注意
ガルガ覚醒1

獣化を迎えるガルガ
ガルガは本編中で一度、思い出で一度獣化を迎えているため、かなり限界に近い状態なのかもしれません。
フェイや主人公によって防がれていますが、今後どうなっていくのか気になるところです。

そういえば、右腕が帝国のアイシャやジュダに似た形態になっています。
ダグラスイベントだけでなく、帝国イベントとも何か関わりがあるのかもしれません。

KC3ガルガ覚醒
今回は試練の内容がストーリーで語られるため、思い出では漁師として船に乗り、
青い海や生きて飛んでいる鳥を見て感心するガルガを見ることが出来ます。

後半はシリアスな展開に入り、
今後も赤い海や瘴気にまつわるストーリーが語れるであろうことが暗示されています。

まとめ

以上、白猫プロジェクトのガルガ・ドラグというキャラクターについてまとめました。
非常に重くシリアスな設定を背負っており、また様々な伏線も残しています。
人気も高いキャラクターであるため、今後も続編や他の舞台での登場が期待できるそうです。