【Stadia】Googleが新たなゲームプラットフォームを発表【Google GDC2019】

【Stadia】Googleが新たなゲームプラットフォームを発表【Google GDC2019】

Game Developers Conference(GDC)で、Googleが新たなゲームのプラットフォーム、Stadiaを発表しました。
ストリーミング方式のゲームプラットフォームで、Googleのデータセンター側で全てが動くため、
PC、スマートフォン、パッド等、全てのGoogle端末・Chromeブラウザ上で動くことが可能となる。

新たなプラットフォーム、Stadia

STADIA
Googleが発表したStadiaは、PlayStationやXboxのようなハードウェアではなく、
ストリーミング方式のゲームプラットフォーム。
何が違うのかざっくり説明すると、
「ハードではソフトを購入し、ハード上にデータをダウンロードしてハード上で動かす」必要があるのに対し、
「ストリーミング方式では画像の描画等、全てクラウド上で動かすためダウンロードなどが必要ない」という特徴があります。
さらに、クラウド上で動くため、ハードの性能によってゲームの限界が無いため、
例えばスマートフォン上でPS4並みのグラフィックで遊ぶことが可能です。
(現行のPS4でもスマホで遠隔から遊ぶことが出来ますが、あれの大規模版だと思えば良いです。)

どの端末からでも
会場では、スマホから、PCブラウザからUBISoftのアサシンクリードオデッセイをハイクオリティのグラフィックで、
60fpsで動かす様子が放送されていました。

好きなコントローラーで遊べる

コントローラー

デバイスが違うと、当然操作方法も異なりそうですが、
既にあるデバイスそのままに遊ぶことが可能なようです。

ただ、Google推奨のコントローラーは発売されるようで、
そちらにはGoogleアシスタントボタンというものがある模様・・・!
キャプチャ機能なども備えているようですが、これがあらゆる端末対応なのか、
PixcelなどGoogle製品のみの対応なのかは述べられていませんでした。
(現実的にはGoogle製品のみの対応だと思います)

開発者、配信者に優しい環境

配信が簡単

Googleのプラットフォームなので、Youtube等との連携も簡単
Stadia上でプレイして、Youtubeで配信まで行える、まさに「ワンストッププラットフォーム」です。
更に、今までは配信者→視聴者という一方通行だったのが、
これからは視聴者が配信者のやっているゲームを、ボタン一つで購入してそのままプレイしにいくことが出来ます。
ゲーム配信者にとってはかなり大きな追い風になるのではないでしょうか?
(これが配信者の収益になるかは分かりませんが)

配信に関係のない所でも、ゲーム途中で攻略に詰まったりしたら、
そのヘルプを探したり、そのゲーム動画を見たりと、まさにGoogleのAI技術をふんだんに活かした機能が付いているようです。

開発がしやすい
また、開発面も従来より優しくなっており、
データセンター上で動くため、Unity等での開発を容易に行うことが出来る模様。
これはインディー開発者にとってかなり大きいです・・・!
つまり、Stadiaに対応さえすれば、あらゆる端末(は言い過ぎですが、恐らく殆どの端末)上で動作することが可能となります!
少なくとも、スマートフォンであればAndroid端末、
PCであればGoogle Chromeが問題なく動けばよいと思われるので、
かなりハード依存の対応が少なくなると思われます!

アジアリリースはもう少し先?

色々と期待の高まるStadiaですが、日本だけでなく、アジアでのリリースはまだ先になりそうです。
まずはUS(アメリカ)、Canada(カナダ)、UK(イギリス)、Europe(ヨーロッパ圏)とのこと。
この辺りは言語の問題もありそうですね。
ローカライズは大変なので、ゆっくり待ちましょう。

まとめ


以上、Google GDC2019の発表内容をまとめてみました。
基が英語動画なので、色々間違っている部分もあるかと思いますがご容赦ください。
気になった方は是非上の動画から、GDC発表の内容をご覧ください。

続報や、日本でのリリース(あるのか?)が楽しみです!

おまけ

ちなみに、自分は敬虔なるGoogleファンなので、良いことばかり書きましたが、
ストリーム方式にも欠点はあります。
というのも、すべてがデータセンターで動き、ユーザー側のDLはなくなるため、
例えばGoogleがある日突然滅んだ場合、購入したゲームは全てプレイできなくなります。
例えばSONYが明日消失しても、PlayStationが故障しない限りはゲームをし続けられますが、Stadiaではそれが出来ないということです。
また、倒産とまでもいかなくとも、データセンターや、ネットワークに問題が起きた場合、ゲームプレイに問題が生じる可能性があります

色々持ちあげましたが、従来の方式のゲームは決して滅びるわけではないと思っています。(オフラインで出来るゲームへの需要も確実にあるので)

※2019/03/20追記 遅延について

どうやら、まだ課題もあるようで、かなりネットワーク遅延があるようです。
最速160ms?ということなので、アクションゲーやFPS等の、特にマルチプレイはまだまだ難しそうです。
160msってどんくらいだよ!という方もいるかと思いますが、
体感的にはドラクエのコマンド選択時に、カーソルを下に移動させたときに入力→画面の動きで微妙にずれが生じるくらいだと思います。
ドラクエならターン制なので、そこまで気にはならないと思いますが、
アクションゲームだと敵の動きを見てから回避等が要求されるので、結構致命的になります。