ラングリッサーモバイルをラングリッサーを知らない奴がプレイしてみた【ランモバ】

ラングリッサーモバイルをラングリッサーを知らない奴がプレイしてみた【ランモバ】

4/2からサービスを開始したスマートフォンのSRPGアプリ「ラングリッサーモバイル」(通称ランモバ)
ラングリッサーシリーズの最新作という位置付けで、よくある名作シリーズのソシャゲ化のようなイメージ。
自分はラングリッサーシリーズは正直良く知らないのですが、FEが好きなのでSRPGということもありプレイしてみました。

王道のストーリー

マシュー

これは歴代のシリーズもそうだったらしいですが、かなり王道ストーリーです。
主人公「マシュー」と、同じ村に住む「グニル」、そして何故か帝国から狙われる「アメルダ」がメインキャラクター。
帝国から狙われるヒロインを守るため、帝国を打ち倒すため、過去の英雄たちの試練を乗り越え、聖剣を蘇らせるというストーリー。

まさに男2女1からはじまる王道のストーリーで、
意外性こそないかもしれませんが、外れることのない安定感のあるクオリティといった感じです。
原作が古い作品ということもあるので、少し台詞やシーンが古めかしく感じることもあるかもしれませんが、
気になるほどではないと思います。

基本的なSRPGシステムに加えて、英雄+兵士というシステム

英雄と兵士

ランモバでは、基本的なSRPGの要素に加えて、「英雄と兵士」のHP等が別に設けられています。
多くのSRPGだと、それが1部隊であれ1人であれ、基本的に1ユニットに一つのHPや能力が設定されていますが、
このゲームでは固有グラフィックの存在する「英雄」と、英雄に従う「兵士」が存在し、
その2つのHPや能力が存在しています。

英雄の能力はもちろん重要ですが、兵士の能力や数も重要で、
いかに英雄と言えど、一人で多数の兵士に突っ込めば無事ではすみません。(※なお圧倒的レベル差があれば無事)
戦争らしさを演出する、良いシステムだと思いました。

また、英雄や兵士たちにはSRPGでは多く実装されている「兵種」設定があり、
槍兵は歩兵に弱く
歩兵は騎兵に弱く
騎兵は槍兵に弱い
といった「すくみ関係」があります。(上の三すくみ以外の相性もあります)

ここで、先ほどの英雄と兵士が別枠の設定が活きてきて、
英雄の固有の兵種とは別に、兵士の兵種を選択することが可能となっています。
そのため、例えば「歩兵種の英雄に槍兵を従える」といったことが可能となります。
こうすることで、戦場によって強制出撃となる英雄に対して、弱点を補うような兵士を付けることでカバーするといったことが可能となります。

これは本当に面白いシステムだと思います。FEにも導入して欲しいと思うくらいには面白いです。
最初は自身と同じ兵種のみが扱えますが、クラスアップ、クラスチェンジを通して使える兵士の種類が増えていくようで楽しみです。

また、UI周りなど非常に快適かつシンプルに出来ています。
スマートフォンでSRPGはきついのでは?と思いましたが、そんなこともなく3DSでFE覚醒をやったときのような感動を覚えました。

歴代シリーズのシナリオを見てプレイすることが可能

過去作品

なんと、歴代シリーズのゲームを、アプリ内でプレイ可能です。
(※システムやグラフィック等はアプリのものに一新されています。)
基本無料でこれは結構思いきっているというか、凄いと思います。
メインストーリーを進めることで解放されていき(というかメインストーリー解放条件にもなっている)、
メインストーリー→歴代ストーリーを交互で進めていきます。

また、シリーズ途中から導入された各英雄との絆を深めるようなシステムも実装されており、
告白」システムも今後実装予定とのこと。
主人公とキャラクターとの掛け合いを見るのは個人的に好きなので、これはかなり楽しみです。

まとめ

ランモバ

今回は、ラングリッサー最新作、ラングリッサーモバイルについてまとめました。
システムが面白く、UIはかなり快適に作られていると思います。
歴代シリーズをアプリ中でプレイできるので、こういた名作シリーズのモバイルアプリ化でありがちな、
既存の作品のキャラクター達をガチャで引いた時に、
「誰だこの人?」みたいなことになりにくいのもありがたいです。

国産SRPGアプリは数自体が少ないので、是非末永く続いて欲しいです。
以下のURLからDL出来ます。是非皆様プレイしてみてください!
Google Play で手に入れよう