【SAO FB】Switchで発売されるゲームをPS4でプレイしてみたレビュー【ソードアート・オンライン フェイタルバレット】

【SAO FB】Switchで発売されるゲームをPS4でプレイしてみたレビュー【ソードアート・オンライン フェイタルバレット】

ラノベ界のトップの一角であるコンテンツ「ソードアート・オンライン」
今回そのソードアートオンラインの一つである、「フェイタルバレット」がSwitchに移植されると聞いて、
待ちきれなかったのと、PS4を持っているのでプレイしてレビューを書いてみました。

ソードアート・オンライン フェイタルバレット


ライトノベル「ソードアートオンライン(SAO)」のシリーズの一つ、「ファントム・バレット」が原作となるゲームです。
これまでのSAOゲームと違い、カスタマイズ可能なユニットが主人公となり、
原作主人公のキリトはあくまで登場キャラクターの一人となります。
(※終盤キリトモードで主人公として操作可能)

原作のストーリー自体はキリトモードでしか追えないようになっており、
カスタマイズユニットは原作設定を基にしたオリジナル展開で活躍します。

このストーリーは結構賛否両論で、
展開が結構遅いこと、所々紙芝居的演出と、力の入った3Dモデルを動かす演出が混ざっており雑な印象を受けることなど、
実際自分もプレイしていて気になりました。
とはいえ、終盤はしっかり盛り上がりもあり、何より主人公の相棒となる「アファシス」がしっかり成長していて、
流れそのものは悪くない出来になっていると思います。
所々入る一枚絵も格好いいしクオリティは高いです。

個人的には、ストーリーの最後は意外というか、良い意味で意表を突かれたと思っていて好きです。
(展開的に賛否両論あるとは思いますが)

キャラゲーの中では高いゲーム性

遮蔽物の無い戦い
遮蔽物の無い戦いもある

ラノベ原作ということもあり、キャラゲー的な側面が強いゲームです。
(仲間になるキャラクターとの友好度、個別イベント、そして添い寝イベントと一枚絵有り。)

なので、ゲーム部分はあんまり期待しない方が良いのかなと思いましたが、
戦闘部分はかなり楽しむことが出来ました。(※個人の感想です)

戦闘がTPSスタイルのアクションゲームとなっており、
銃・剣を使った戦闘ワイヤーアクションを楽しむことが可能です。

この銃を使った戦闘が楽しく、敵の急所を打ち抜くと大ダメージを与えられる、
遮蔽物に隠れての撃ち合い(ただし、一部遮蔽物の無い場所での強制的な撃ち合いもあり)等の基本も抑えられていて
スナイパーライフルで一発キルできると気持ち良いです。

反面、著名な海外FPSやTPSのような精密操作は難しく、
他のレビューでもよく見る通り、PS4のコントローラーのスティックをかなり押し込まないと照準が動きません。
そして動くと押し込んでいる為大きく動いて照準がズレます。
ただ、TPSゲーとして購入するわけではなく、「TPSで楽しく遊べるキャラゲー」と思って購入すると、
想像以上に良くできていて楽しむことが出来ると思います。

難点

TPSの精密操作以外にも幾つか難点があります。
まず、このゲームは友好度があると書きましたが、これを上げるのが結構な作業になります。

原作が長く続いていることもあり、登場人物が多いことに加えて、
そもそもの上り幅もあまり良くはないです。
さらに、最も友好度が上がるのが、「蘇生行為」となるため、
敵の前に待機させておき、殺させては蘇生し、殺させては蘇生する・・・という「本当に自分はこのキャラと仲良くなりたいのだろうか?」と考えてしまう方法が最速の友好度上げになってしまいます。
無難に一緒に旅をして友好度を上げる方法だと、ストーリー中ずっとPTに入れっぱなしにして、意識して蘇生するくらいしないとTrue Endに必要なところまで上がらないと思います。
(自分はアファシスだけストーリー中でRank4まで上がってくれました。)

とはいえ、上げ切った後には添い寝が待っているので、
頑張る価値は人によって感じられるのではないかと思います・・・!

総合レビュー

SAOFB

総合:
★★★★☆
ゲームバランス:
★★★★☆
システム:
★★★☆☆
グラフィック:
★★★★☆(一枚絵のクオリティは★5で3Dモデルで-1)
音楽:
★★★☆☆
シナリオ:
★★★☆☆

TPSの遊べるキャラゲー」としては非常に面白いゲームでした。
戦闘面やシステム面には多少の不満もありますが、遊ぶ上で不都合やストレスを感じるレベルではないので、
「良作」と言ってしまっても過言ではないと思います。
グラフィックは原作イラストを上手く3Dに落とし込んでいるのですが、
何故か画面切り替え時に髪の毛が謎の暴走をしたり、紙芝居時の動きはちょっと微妙だったので-1しています。
音楽については、邪魔せずゲームを引き立ててくれている印象でした。
シナリオは序盤は擁護できないことと、賛否両論ありそうですが、終盤の勢いは結構好きです。

Switch版ではコンプリートエディションでの販売ということで、
DLC全部載せになるのに加えて1000円程安いようなので、購入するならSwitchの方がオススメです。