【Who is Zombie】各エンディング分岐をまとめてみた【攻略】

【Who is Zombie】各エンディング分岐をまとめてみた【攻略】

名作作業ゲーム「Paper, Please」のゾンビ版のスマホアプリ、「Who is Zombie」をプレイしました。
「Paper, Please」というゲームでは、入国審査管となってパスポートや労働許可証の審査を行いましたが、
「Who is Zombie」では、避難所に訪れる人々をゾンビ感染者かどうかを判断していきます。
今回はそのエンディング条件をまとめてみました。

エンディングの分岐条件

Who is Zombieには9つのエンディングがあります。
条件ごとに節立ててまとめました。

※ネタバレ注意

No1. 資格失効

endno1
赤枠内を0にしよう

一番簡単に行けるエンディングその1。
このゲームでは一日のうちに審査すべき人数が決められていますが、
それを満たせなかった場合このエンディングに直行します。

つまり審査を一度も行わず放置すればDay1から回収できます
一番良く見るBAD END。

このエンディングのおかげで、民間の避難所が政府からの資格を貰って運営していることが伺えます。
最初のテレビでも「民間避難所は避難民から不信感を持たれている」と言っているので結構厳しいのでしょう。

No2. 占領された避難所

endno2
赤枠内を0にしよう

一番簡単に行けるエンディングその2。
避難所の人数が0になればこのエンディングになります。

つまり、審査の際にわざとゾンビを入れて、市民を追い払うだけで回収可能。

案外意識してやらないと見れないBAD END。

No3. 終点なき罪悪感

ここからはDayをかなり進める必要が出てきて、選択肢も絡んできます。
とはいえNo3は比較的分かりやすいです(うっかりNo4に入り込む可能性もありますが)

カルト教団「ネオ・コスモス」の幹部レベッカが訪れた際に、
一度目の訪問で俺はあの人たちになんてことをを選び、二度目の訪問でやっぱり裏切れない選択肢を選びます。
そうすれば入れるエンディング。
ただし、その前にある感染者の子供「ローズ」は追い払うか、
ベルに「私が感染したらどうする?」と聞かれたら「追い出す」選択肢を選んでおきましょう。
そしてなるべく他の避難所とも仲良くして、協力は惜しまない方がいいです。

No4. 処刑


No3の流れで入り込む可能性もありますが、ベル関連が初見だと中々見つけにくいかもしれません。
まず、ベル関連では最初のローザを「助ける」選択肢を選び、
ベルが「私が感染したらどうする?」と聞いてきたら「追い出さない」を選びます。

そしてストレンス関係では徹底的に協力を拒みます
ネオ・コスモスの情報提供は全て断り、ガードを一人貸して欲しいと言われても拒否します。
そして、No3の時と同様、ネオ・コスモスの勧誘を最初は受け入れ、二度目で断りましょう。

そうすると、ベルの本当の気持ちを知ることが出来ます。

No5. 恐怖で染まった夜

政府ともストレングスとも仲良くできなかったルート。
最初はこのルートに入る人も多いのではないでしょうか。

きっちり検証していないので、明確にこうすればいけるというのは分かりませんが、
政府と仲良くする:ローレンスの監督中全てノーミスでクリア。
ストレングスと仲良くする:人員要請に応えネオコスモス関連の情報共有を積極的に行い、ホームレスと仲良くする。
これと一つでも反対のことをしていればこのルートに入るのではないかと思います。

No6. 新世界

No3, 4から派生して回収可能なエンディング。
レベッカの二回目の訪問時の選択肢で、ネオ・コスモスを受け入れるエンディングです。

No7. We need ‘Strength’


ストレングスとだけ仲良くするルート。
ホームレスと仲良くし、ベルを派遣し、ネオコスモスの情報は全て教えてあげましょう。
政府とも仲良くするとNo9のエンディングに行ってしまうので、
ローレンスが来たときは適度に審査をミスしておきましょう。
ネオ・コスモスの提案は一度も受け入れないように。
一応ベルとも仲良くしてますが、しっかり検証しているわけではないので、ローザ関連のイベントは必要ないかも。

ベルとエドワードの関係が分かるのはこのルートだけ!
(見なくてもわかる)

No8. 偉大な審査官


政府とだけ仲良くするルート。
審査をノーミスで行いましょう。
(ローレンスの前でだけ完璧なら良いのかどうかは不明)
ストレングスと仲良くするとNo9のエンディングに行ってしまうので、
ベルを派遣しない、情報を教えない等非協力的に行きます。
ネオ・コスモスの提案は一度も受け入れないように。

一応ホームレスとも仲良くせず、ローザも入れませんでしたが関係するかは不明。

No9. A Sweet home


政府・ストレングス両方と仲良くするルート。
審査はノーミスで行い、ストレングスに協力する選択肢を選んでいけば辿り着ける一番上のハッピーエンドです。
当然ネオ・コスモスの提案は一度も受け入れないようにしましょう。

まとめ



審査官となってゾンビを見分けるゲーム「Who is Zombie」のエンディング分岐のまとめでした。
ゾンビ版「Papers, Please」と書きましたが、実際は世界観が大きく異なっており、
あっちのように「独裁国家怖い・・・」とか、「主人公が何しても結局は・・・」、
という暗い感じではないのでまた別の楽しみ方が出来ると思います。

また、こちらは条件がシンプルで分かりやすく、暗記してパパっと出来るようになっていると思います。
(あっちのような終盤の複雑感は無いです。)
「Papers, Please」をカジュアルに楽しむには最適なゲームだと思います。
エンディングもベルのものなど、捻ってあるものがあって面白いです。