【FE風花雪月】ルナティックな青獅子学級7日目【ファイアーエムブレム】

【FE風花雪月】ルナティックな青獅子学級7日目【ファイアーエムブレム】

FE風花雪月ルナティッククラシックでクリア7日目。
敗北条件が勝利条件に突っ込み、村人たちがそこらの騎士より強いSRPGが始まります。
今回はルナになってより面白くなった外伝もピックアップしました。

どのルートから進軍する?イングリット・ドロテア外伝

おもしろい
イングリット・ドロテアの外伝「王国貴族結婚余聞」と言えば、ハードでも援軍地獄に伏兵地獄でした。
とはいえ、ハードまでなら4体くらい湧かれても単騎特攻したイングリットがそのまま伏兵を薙ぎ払ってゴールするので、
経験値が沢山手に入るな~くらいの気持ちでしたが、
ルナでは敵が攻撃範囲に2,3体現れるだけでもハラハラもの。最悪天刻の出番です。

この外伝はルナでさらに援軍数が増え、
一体一体のパラメータも高いので、かなり面白い仕上がりになっています。
進軍路を吟味し、敵を上手く並べて計略で無力化し・・・と持てる力全部で戦えて楽しかったです。

自分は以下の進軍路を取りました。
(※スクショを撮り忘れたので、外伝じゃない時に行く煉獄の谷のマップを使わせてもらってます。)
このルートが一番伏兵の初見殺しを喰らいにくいと思います。

進軍路

敵を一列に並べて計略をぶち当てろ!ローレンツ外伝

よわい

前回の記事で紹介した有能になったといったアケロンですが、
本人は戦ってみたら弱かったです。
数値の合計だけの見掛け倒しなので回りを散らしたら安心してボコりましょう。

防衛
このステージが面白いのは、途中まで防衛マップとしてきちんと機能しているところ。
ハードまでは防衛?うるせぇ突撃だ!という脳筋戦法の方が盗賊も安心して殴れるのでむしろ正解のようになっていましたが、
ルナでは防衛地点の壁と密集状態が非常に重要になってきます。
すり抜けによる後衛の一撃死防止や、壁越しの魔法による援護
一方で壁を乗り越えてくるペガサスや相手も壁越しに攻撃してくる弓兵を上手く躱して防衛する必要があります。
前衛を撃破しつつ、後衛の動きを抑える計略を上手く使う必要があり、
計略の内容はもちろんですが、計略の攻撃範囲を上手く組み合わせて広範囲の動きを阻害する、
といった戦略が必要になってきて楽しいマップです。

ルナは全体的にハードまで腐りがちだった戦技・計略を有効活用する必要があるのが楽しいです。

最大の敵はジェラルト、ルミール村戦

こいつ動くぞ

そしていよいよ本編、ルミール村。
村人の救出とジェラルトの防衛をどちらも行う必要があります。

村人の救出がかなり厄介で、
このマップはソロンが動き回るようになってしまったので、
イベントが発生してしまうとソロン手ずから村人を殺害しにまわります。
右下の村人はプレイヤーからの距離が一番遠いのですが、ソロンからは1ターンで殺せる距離なのが辛い。
お前雑魚狩りとか恥ずかしくないの?

ここの村人を救えるかはかなり腕が問われると思います。
自分は右下二人は救えませんでした。

また、微妙に厄介なのが敵に特攻する父ジェラルト
パラメータはちゃんと強く、ソロンも一撃で倒せるレベル(ただし、HPが1残ってしまう)
悲しいかな、ソロンはボスなので中立ユニットでは撃破出来ず、
返すターンで魔法で大ダメージを喰らって1章早く亡くなったりします。

つよい

自分はまだなったことはないですが、左下に湧く死神騎士とジェラルトがぶつ可能可能性もあると思います。

村人の救出、ジェラルトの防衛ととにかくスピード感が必要で、
1体ずつ釣ってチマチマ仕留めたいルナでは難しいマップです。

村人は救える範囲であきらめる、
父親はソロンに特攻し始めたら他のキャラで移動を塞ぐ、
間違ってジェラルトがソロンを攻撃しちゃったら他の敵は諦めてさっさとソロンを殴って倒す。
など、ある程度妥協も必要なマップだと思います。

その後の散策の「どうしてもっと早く来てくれなかったの?」に対して
「助けられなくてごめんなさい・・・」という罪悪感が凄いですが。

まとめ

GAMEOVER
ボチボチ外伝にも手を付け始めましたが、
ルナになってマップの攻略方法がガラッと変わって面白くなりました!
ハードでも地獄でおなじみレア様防衛索敵マップや、赤き谷の冒険譚がどうなるのか楽しみです。
特にイングリット・ドロテア外伝は楽しくて、
進軍路を変えただけで安定したクリアが出来ると指揮して勝った感があって、
生徒達がちょくちょく褒めてくれる「先生の指揮のおかげだな!」発言の説得力が出てきます。

次章は踊り子の確保によってまた戦略の幅が広がるので楽しみです。