【FE風花雪月】ルナティックな青獅子学級12日目【ファイアーエムブレム】

【FE風花雪月】ルナティックな青獅子学級12日目【ファイアーエムブレム】

FE風花雪月ルナティッククラシックでクリア12日目。
今回はガルグマク籠城戦!敵ハードまでは微妙に火計のメリットが受けにくいマップでしたが、
ルナティックになってむしろ火計が無いと増援の対処にいっぱいいっぱいの厳しいマップに変身しました。

ファルコンナイト2体が強い!火計で増援を止めるマップに

ファルコンナイトの増援が強い
ガルグマク籠城戦では、右側の緑ユニットの工兵を守りつつ、手薄な地帯を進んで火計を成功させる部隊と、
左側の防衛ラインを突破しないように大軍を相手にする部隊に別れて進行します。

このマップは2ターンごとにファルコンナイト2体が敵の援軍として登場するため、
よっぽど上手くやらないと火計を発動して援軍ストップしないと厳しい戦いになります。
というのもファルコンナイトのパラメータは上の画像通り。
速さと力が高いという一番強力なタイプのユニットの特徴になっています。
これが2ターンごとに2体、そして真っ直ぐ防衛ラインに突っ込んでくるので、
左側は大抵その対応だけに追われて、とてもじゃないですが進軍が出来ないです。

しかも、青獅子の場合壁ユニットであるドゥドゥーがまだ不在で、
物理壁役をこなせるのがディミトリ主人公のみ。
どちらかには(初期位置的に主人公になると思います)右側を切り拓いてもらう必要があるので、
実質一人がファルコンナイトの壁役を勤めます。
(ギルベルトはギリギリ行けますが、力と速さが高いので、追撃で結構なダメージを貰いやすく、一体受けるので限界だと思います)

火計で増援をストップしてクリア

火計さえ発動すれば、援軍の出現が止まります。
残ったファルコンナイトと、
一か所だけ燃えないためか撤退しない、兵器を動かしている弓兵に気を付けつつ残党狩り。
ランドルフも強力なユニットなので、ディミトリか主人公で攻撃を受けつつ気を付けて撃破しましょう。

沈む太陽、昇る太陽

沈む太陽
蒼炎、暁の時にキャラクターイラストを描いていた北千里さんという方のツイートを見て知ったのですが、
各節の開幕ナレーションの際の絵は太陽が徐々に悲しい顔をしながら沈んでいくのですね。
単純に季節のうつろいの表現もあるとは思いますが、
学生時代は徐々に不穏になる(=太陽が沈む)、戦争時代は徐々に光が見えてくる(=太陽が昇る)
という感じになっていて、芸が細かくて良いですね。

黄色ルートだと主人公は大樹だと言われていましたが、
この絵を見ていると太陽的な面も含まれているのかもしれません。
太陽が沈むと世界が深い暗闇に包まれ、目覚めるとまた再び世の中を明るく照らす的な・・・。
蒼月の場合、太陽が目覚めて月=ディミトリを照らすことで、光を取り戻すといった解釈もできそうです。

まとめ

GAMEOVER今回はガルグ=マク籠城戦を行いました。
戦争編では今のところ(まだ2戦しかしてないけど)一番難しいと感じました。
機動力があって強い敵ほど厄介な相手はいないですね。
火計が有効に働いている面白いマップだと思います。
とはいえ、右を諦めて主人公たちを合流させたらあっさり進軍出来たりもするかもしれません。
そういう攻略方法もあるから市街地?部分が入り組んでいるという側面もありそうです。
風花雪月のルナは覚醒より前の作品のような詰将棋的な楽しみは無いですが、
色々試して攻略するという方向に楽しくしようとしているのを感じるのが個人的には好きです。