【FE風花雪月】ルナティックな青獅子学級20日目【ファイアーエムブレム】

【FE風花雪月】ルナティックな青獅子学級20日目【ファイアーエムブレム】

FE風花雪月ルナティッククラシックでクリア20日目。
最後の戦い、玉座の間に向かいます。
青獅子にとっては辛い敵魔法使いが多く、
エーデルガルトの攻撃範囲もハードから2マス伸びて身動きが取れない凶悪なマップです。

※注意:クリア後タイトル画面のネタバレがあります。

最終戦の味方パラメータ

最終戦と言うことで、味方主力のパラメータをまとめました。
まずは回避神主人公・獅子王隊で戦略係のディミトリ・回避神イングリット

こちらのステータス
主人公はお茶会を開きまくり、ドーピングを全て突っ込んだので凄いことになってます。
ディミトリ・イングリットはなんと総能力値ではイングリットに軍配が上がりました。
イングリットは回避盾としてディミトリより前線に立ってもらっていたので、その影響かもしれません。
(ファルコンという職種自体の成長補正も良かったような。)

続いて我が家の火力砲台リシテアと守護神ドゥドゥー。

こちらのステータス2
リシテアは全く厳選していないので全体の数値こそ低めですが、
回復やワープによって経験値が多めに入っていること、
リシテアは基本的に魔力・速さにピンが立ちやすいこともあってルナでもかなり尖った強力なユニットに仕上がりました

ドゥドゥーは守備が上がればよし!で序盤のみ厳選しており、後半は育成適当です。
職種自体守備しか伸びないところがあるので全体数値は更に低め。
ラストマップでは出番が少ないですが、ずっと青獅子を守ってきた我が家の守護神です。ありがとう。

初期安置は1マス?急いで安置を確保する決戦!

帝都決戦何か攻撃範囲おかしくありません・・・?
上の画像はエーデルガルトのみの攻撃範囲なので、実際は左右の敵ユニットの攻撃範囲を合わせると、
初期安置は1マスしかないです。
しかもラスボスエーデルガルトのステータスは以下の画像の通り。


ハードのノーコンっぷりはどうしたのやら、威力もえげつない遠距離攻撃です。

右の部屋はHPを1にする魔法を無限に撃ってくるミュソン魔獣2体1ターンで後衛のために安置を作るのは厳しいので、
まずは左の部屋を開けて安置を作ります。
イングリット・主人公辺りに勇者の槍を持たせて突っ込ませれば1ターンキルも可能です。
足りなければ壁越しリシテア砲で。

左を安置にすると宝箱があるので、適当に回収してイングリット主人公辺りに使ってパラメータを底上げ。
右側はミュソンを倒すと、敵の闇うご魔導士が撤退して有利になるので倒しましょう。
とはいえ、正攻法で行くとミュソンの攻撃が当たった瞬間天刻決定になってしまうので、
リシテアやマヌエラ先生のワープを使ってミュソンを先に潰します。

魔獣は右下の部屋からは出れないので、倒してもいいし倒さなくても良し。
その後は右か左の部屋を拠点に敵を釣っては入口で迎え撃ついつものファルコンナイト過労死戦法で敵を減らします。
エーデルガルトの攻撃が面倒なので、上の部屋に入って攻撃範囲を減らしたくなりますが、
入ると援軍が湧きだしてより大変になるので、ファルコンナイト以外は拠点位置でのんびりさせて、
ファルコンナイトにせっせと釣りだしや魔法使い撃破をしてもらい、
釣りだした物理職は拠点で全員でぼこぼこにするを繰り返します。

粗方一掃出来たら、援軍湧きポイントは、中央の階段の真ん中マス、
右上と左上の出口っぽい部分になります。
右上・左上は抑えてても強制で援軍が一回(各部屋二体)出現するので、ファルコンナイトで抑えておいて、
援軍即行動に備えましょう。

中央の階段はラストマップでは出番が少ないドゥドゥーに抑えてもらいました。
援軍を全て潰したら、
エーデルガルトにはワンパンされるキャラとファルコンナイトをバトンタッチして援軍を抑え、エーデルガルトのもとへ。
パラメータは上の画像の通りでラスボスらしく強いし応撃持ちです。
リシテア砲は応撃でやられてしまい、トドメでしか出来ないので、
自分の場合はドーピングしまくった主人公にせっせとアネットの応援と特別な踊りによるバフを受けつつチマチマ削って倒しました。
温存できていれば計略でイングリットやディミトリが補助をしても良かったかもしれません。

ルナティックの感想

画面が黄ばむのは何か意味が・・・?
遂に引継ぎ無しルナティッククラシックの青獅子学級をクリアしました。
タイトル画面に変化が・・・?と公式で言われていましたが、上の通り画面が黄ばみます。
ソティスが起きてたりするのかな?と思ったのですが、
そんなことはありませんでした。
あんまりルナティッククリアでの変化が大きいと不公平になっちゃうから仕方ないですね。
黄ばむ=黄色学級には隠しルートがあるぞという攻略のヒントだったりは・・・多分しないですね。

ルナクラクリアの感想としては、
散々難しい難しいと書いてきてアレですが、覚醒2と言う感じの調整で、
縛り無しなら歴代で見たらかなり簡単な部類だと思います。(相対的にという意味で、楽ちん脳死プレイ出来るという意味ではないです。)
歴代のルナ(というか高難易度)は縛り無しでも詰将棋的で、
攻略見て行動再現してようやくクリア出来るみたいなレベルのものもあったので、
比較対象がかなり難しいというのもあると思います。

また、だからと言って楽しくないという意味ではなく
計略や戦技といった、ハードまでは正直腐っていた要素を組み合わせることが必要になって楽しかったです。
(書き方で誤解受けそうですが、自分は覚醒のルナ調整も嫌いじゃないです。
マップは風花雪月同様うーん?となるところは多いですが、序盤の調整とか好きです。)
天刻の拍動があるので、色々と試行錯誤がしやすいのも良かったと思います。

FEシリーズの高難易度入門としては非常に良いのではないかと思います。
楽しくできて、かつ難易度が鬼すぎず、天刻の拍動で試行錯誤もしやすいので。
(なおロードの長さの問題でピンの厳選は大変なので、そこはちょっとストレスかもしれません。
ルナは成長率固定でよかったと思うのですが、風花の育成の自由度の高さと喧嘩するから仕方ないのですかね。)

まとめ

GAMEOVER
いよいよルナティックな青獅子学級完結です。
ルナティックを通してイングリット、
そしてラストマップでこそ出番がなかったですが、ドゥドゥーの好感度が爆上がりしました。
イングリットはハードでもラストマップで単騎無双してくれた覚えがありますが、
ルナでは最終面と言わずあらゆる場面で大活躍してくれました。
彼女の理想の騎士として育ててあげられた気がします。
ドゥドゥーは、ハードまでは正直突進が正解だったので、足の遅い職になりがちで使いどころが少なくなってしまったのですが、
ルナでは序盤~後半最初辺りまでは本当に頼りになる守護神でした。
こちらもドゥドゥーの「守る」というキャラにあった成長をしてくれてよかったです。