【FE風花雪月】煤闇の章、ハードクラシック攻略4日目【ファイアーエムブレム】

【FE風花雪月】煤闇の章、ハードクラシック攻略4日目【ファイアーエムブレム】

FE風花雪月のサイドストーリー「煤闇の章」のハードクラシックをクリア攻略4日目(Ep.5 旧礼拝堂攻囲戦)
ストーリーもいよいよ佳境へ!この辺りから結構頻繁にイラストが入ってきてちょっと豪華な感じです。
そして本編で変顔がネタにされていたメトジェイさんがまさかの登場です。


※超ネタバレ注意

旧礼拝堂攻囲戦

旧礼拝堂攻囲戦
攻囲戦の名の通り、こちらが囲まれた状態(バルタザールのみ魔物にぶっ飛ばされて左下)からスタート。
左下のバルタザールは育っていれば耐久力も回復力もあるキャラなので、
魔物を上手く敵にぶつけつつ隙あらば本体に合流を目指すくらいの雑な動きで大丈夫です。

本体の方はまず左上の敵を倒します
左上の敵が増援を呼び出し続けるので、ここを潰さないと最初のラッシュが捌ききれない可能性が高いです。
最初のラッシュは、各方面の武器に対応した「武器殺し」を持つキャラを配置していきます。
右の方の敵は剣士が多いので、右上の一マスの通路の隣の森にディミトリを配置して頑張っていただきます。
各斧は主人公やユーリスで引き寄せ&ダメージを与えて魔法で撃破。
左上の槍はエーデルガルト(育ち次第でヒルダも?)で受けて倒します。

左下の剣士は厄介ですが、1ターン流せると団子で向かってきているので、
エーデルガルトやユーリスの火計などをぶつけてやっつけてしまいます。
ラッシュには計略をぶつけて戦うとかなり楽が出来るのでいいですね。

アルファルドさんも結構強いので、削りに使ったりします。
(経験値がもったいないのでトドメは刺さないように。)

顔芸がすごい
このステージは最初のラッシュが一番きついので、
そこさえ乗り切ればいつもの少しずつ引き寄せて倒す戦法でOKです。

そしてラストは顔芸のメトジェイさん。
ネット上だと「実は実験で頭がおかしくなったエーデルガルトの兄弟」みたいなトンデモ説までありましたが、
この会話的にどうやらどこかのちょっと腕の立つチンピラが帝国の兵士として雇われていただけっぽいですね。
自分は顔芸が凄いのでコルネリアさん関係=闇に蠢く者の下っ端かな?と思ってましたが全然違いました。
しかしまさかこの人が掘り下げられるとは…。

宝杯のお話と裏切りと

宝杯のお話
そして宝杯のお話。
やっぱり死者蘇生のためのアイテムでしたが、
何でも蘇らせられるわけではなく、心と魂が残っている特別な存在のみという条件、
かつ四使徒の紋章を持つものの血が必要な模様。
そういうわけで、レア様的には
「もう四使徒の血もどっかいったし、宝杯は普通の人間には使えんし意味ないから管理を任せてもまぁ…。」
というお気持ちだったようですが、
普通にサイドストーリーの四人がその血筋だからアウトだよね!
という展開。

イラストが豪華
ついでにアルファルドさんとユーリスは裏切っておいたぞ。
というわけで、この辺りからイラストが沢山出てきます。
サイドストーリーの四人がメイン(その中でも級長格のユーリスは中央が多くて恵まれてる)と言う感じで、
残念ながら級長s+関係のある3人はイラスト内には出てきません。
級長は全員本編でたっぷりムービー貰っているので仕方ないですね。

まとめ

旧礼拝堂攻囲戦
というわけで、今回はEp5の攻略とストーリーネタバレ感想でした。
アルファルドさんは怪しいと登場人物にも言われていて案の定という感じでしたが、
ユーリスも繋がっている(フリだけですが)なのは意外でした。
レア様、割としっかり裏で調査出来ている割には詰めがちょっと甘いよ…!本編もそうだけど…!