【アークナイツ】午後の逸話(アフタヌーン)イベントクリア感想・考察①

【アークナイツ】午後の逸話(アフタヌーン)イベントクリア感想・考察①

アークナイツで逸話イベント、「午後の逸話(アフタヌーン)」が公開されました。
戦地の逸話と同じく、イベントステージでポイント(お食事クーポン)を貯めてショートストーリーを解放していく形式。
イベント名の通り?オペレーターのロドスでの姿に焦点を当てた、
既存キャラの掘り下げと新キャラ紹介の入った(レイズから目を背けながら)楽しいイベントでした。

①コンパでもやろうよ

バニラの意外な一面
これは考察ポイントはあまりありませんでしたが、
バニラとスチュワードメインの行動予備隊A4メンバー掘り下げイベントという感じ。
メランサがバニラの先輩のフランカに師事していることや、
A4メンバーが仲良しっぽい雰囲気、
バニラが真面目な優等生に見えてプライベートではオリジムシを飼っている意外な一面を見れたりできます。
スチュワードとメランサの信頼関係が良い…。
ロドス的幼女感染者
そしてストーリー六章で登場したブレイズに、謎の幼女ドーラも来てくれます。
(ただ、立ち絵的に新オペレータではなさそうですね。
ストーリーに登場する戦闘員で無いキャラクターか、もしかすると汎用ロドス幼女感染者の可能性もありそう。)
また、ロドスで保護している人たちの説明も入っていますが、なんとドーラはオリガミを見返りに保護。
(もちろん、ちゃんと教育した上で研究員であれ事務員であれ、もしかしたら戦闘員として成長したらきっちり働いて頂くのでしょうが。)
それまでは危機契約でドクターがしっかり稼いでこないとな…。

②日記帳

鉱石病が悪化すると何かの声が聞こえる?
フィリオプシスのエピソード。
前回のイフリータのエピソードもそうでしたが、
鉱石病が進むと?何かスタンド的存在の声が聞こえるようになりそうなことが示唆されています。
ただ、そうなるとイフリータと同じくらい重度の鉱石病らしいアーミヤにも何か聞こえていそうな気がしますが…。
(アーミヤは覚悟決まり切ってる感じがするので、理性で抑え込めてるのか、それを抑制するための指輪なのか…。)

こうなると気になってくるのは、(恐らく)何の治療も受けていないであろう、かつ化け物クラスのアーツ使いであるタルラ
そしてタルラはある時を境に人が変わったらしきことがストーリー中で語られています
もしかすると、鉱石病の進行度が限界突破してスタンドに乗っ取られたイフリータ的な状態なのでは?と思ったりしました。
とはいえ、同じく鉱石病が重度になってそうなレユニオンの幹部面々で人格に障害が出てそうなのがメフィスト(しかも彼の場合明らかに境遇に絶望したりタルラに信奉しておかしくなっているので鉱石病はあまり関係なさそう)くらいなので、
必ずしもスタンドが目覚めるわけではない(もしくはイフリータのように特殊な実験が必要な)のかもしれません。

それはそれとしてイフリータのフィリ姉呼びとフィリオプシスもイフリータを可愛がってそうなのが良いエピソード。
ロドスのオペレータAがフィリオプシスをちゃんと理解して支えてくれてるのも悲しいやらほっこりするやら。

本日のキッチン

やーいお前ピーマン食べられない!
カランドイベント来たな…!
箱推ししている勢力なので嬉しかったです。

マッターホルンが老若男女問わずひたすらおじさんと呼ばれるイベント。クーリエもヤーカおじき!って呼べ(意味が変わるから駄目か)
そして味の好みについて、マッターホルンが昔とシルバーアッシュの味覚変わってない?と何故か深刻そうな考察をしています。
自分は単純に「あいつ立派になってるけど昔ピーマン残してたな…」(おっと主人の悪口はいかんいかん)
的な軽い話かと思ってたのですが、ネット上に色々な考察がありました。

  1. ヴィクトリア留学前後で色々覚悟決まったから昔を思い出すような食べ方はしないよ説:
    個人的にこれはプラマニクスの台詞的にもありそう。
    イェラグ貴族の駄目なところ(プラマニをわざと過酷な巫女試験に選抜した?・クリフの鉱石病が謀られた感ある?)をどうにかするために政変起こさないと…(使命感)と思っていて、
    そのために武力行使も厭わん的な感じがあります。
    (あとシルバーアッシュプロフの雪山事変なる事件から)。
  2. ヴィクトリア留学前後でタルラみたいに人格乗っ取られているよ説:
    これは一応非感染者判定なので可能性は低そう?それに人格乗っ取られてたらエンシアのことあそこまで気にかけない気がする。
  3. 大人になったから味覚変わったよ説:
    これもありそう。そしてただの平和なイベントで終われる。
  4. 別に昔から大して好きじゃなかったしピーマンも食べれたけど妹たちに合わせてた妹煩悩兄貴だよ、今は合わせる必要もなくなったよ説:
    泣く。

まとめ

午後の逸話
今回はアークナイツの逸話イベント「午後の逸話(アフタヌーン)」をプレイした前半感想・考察でした。
特にフィリオプシスのストーリーはかなり物語のヒントが詰まっている感じがします。
イフリータの実験的にも、鉱石病はただのアーツ適性を引き上げるが必ず死に至る難病という訳ではなさそうです。
タルラの正体とあわせて、今後の本編での種明かしに期待したい所。
ケーちゃんの出てくるストーリーの考察は後半で