SEO

1/2ページ

Googleもオススメ?SEOに効く?AMPにプラグインで対応してみた。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイル端末でページを高速で表示するための手法がとられているページのことです。 Google、Twitterが共同で開発しているオープンフレームワークを使って自力で頑張ることも出来ます。 が、しかし、そんなの面倒!もしくは開発なんて知らん!という方もいると思います。 Googleが良いプラグインを教えてくれて、一瞬でAMP対応できたの […]

jquery(javascript)とCSSから考えるCPUとGPU、そしてSEO

css3_logo

自分はこのブログで良く「cssだけで出来る〇〇」という記事を書いています。 ですが、cssは本来何か動作するものを作るためのものではなく、 ウェブページのスタイルを指定するための言語なので、本来の想定とはズレている為実装は結構面倒です。 jquery(最近ならjavascript)ならスッキリかけるものをわざわざcssでやっていることも多いです。 ではなぜわざわざ面倒な方法を選ぶのか? ちゃんと理 […]

Google Natural Language API使って自然言語処理して内部リンク自動生成してみた。

google-natural-language-logo

Cloud Natural Languageは、Googleの機械学習を使った自然言語処理API。 MeCabのようないわゆる形態素解析ではなく、 Entity分析やSentence分析など、ある程度Google側で解析した結果を返却してくれるのが特徴。 沢山文章を送ると有料になりますが、大規模サービスで無ければ基本的には無料の範囲で使うことが可能。

Google公式の監査アドオン、SEO対策はlighthouseを使おう!SEO編

lighthouse-result

以前、Google公式の監査アドオン、SEO対策はlighthouseを使おう!Performance編の記事でlighthouse、そしてパフォーマンス改善について解説をした。 さらにAccessibility編ではユーザーのアクセスのしやすさについて解説をし、Best Practice編ではサイトの作りについて解説した。 今回は最後の項目である、SEOについて解説と改善方法を記載していく。

Google公式の監査アドオン、SEO対策はlighthouseを使おう!Best Practices編

lighthouse-result

前回、Google公式の監査アドオン、SEO対策はlighthouseを使おう!Performance編の記事でlighthouse、そしてパフォーマンス改善について解説をした。 さらにAccessibility編ではユーザーのアクセスのしやすさについて解説をした。 今回はその次の項目である、Best Practicesについて解説と改善方法を記載していく。

Google公式の監査アドオン、SEO対策はlighthouseを使おう!Performance編

lighthouse-result

SEO対策はとても大変です。 Webの高速化は知識が必要ですし、HTML構造の最適化も知識が必要です。 古いサイトはjQueryをヘッダーで読み込んでいて、外すとサイトのコンテンツの大部分が動かなくなることもあります。 意図せずディープWebを作ってしまっているサイトもあります。 そんなSEO対策ですが、監査だけならGoogleが提供しているアドオン「lighthouse」を使うとかなり楽になるの […]

(cssのみ)縦スクロール画面で、自分がいる位置のヘッダータブにボーダーを引く方法

css3_logo

仕事で、縦スクロール画面のヘッダーで、 自分が今いる位置に下線を引く必要があった。 jQueryの場合、各要素のheightを保存しておいて、 スクロールイベントから長さを計算して各要素のheightに達したらborderを出す必要がある。 cssだけで同じようなことが出来ないかやってみたら出来たのでナレッジを残す。